【笹塚の賃貸ならとまと館】エアコンの仕組み② | 渋谷区周辺の不動産をお探しなら株式会社とまと館にお任せ下さい。

笹塚、幡ヶ谷の賃貸情報ならとまと館

《新型コロナウイルス感染拡大防止の為、営業時間を短縮しております。》

《管理・リフォーム部のお知らせ》2021年12月7日(火)システムメンテナンスの為、「管理業務」は終日お休みとさせて頂きます。

【笹塚の賃貸ならとまと館】エアコンの仕組み②

 

前回エアコンのざっくりとした仕組みをご紹介しました。

今回は熱の追い出し方、取り入れ方をご説明します。


【熱の追い出し方、取り入れ方】

エアコンは室内機と室外機でセットです。(わたしは最近知りました。)

その2つはパイプ(冷媒管)を通して繋がっています。

このパイプを通して空気の熱を追い出し、取り入れをしています。

パイプの中は「冷媒」と呼ばれる物質が駆け巡っており、


冷房→液体で部屋の空気の熱だけを載せて部屋の外に運び出しています。

暖房→気体になってエアコンの中を通っている冷媒を、

液体に変化させることで、冷媒の持っている熱を部屋の中に放出して温めるということができます。

冷媒が室内・外にある空気中の熱を運んでいるイメージです。


〉〉〉次は冷媒の仕組みについてお話します。



投稿日:2020/12/24   投稿者:-